かまくら→はままつ

すでに一昨日になってしまいましたが…
29日は母の母校であるS女学院の小学校でコンサートでした。
(なんと家から歩いていかれる距離です)
IMG_1240km.jpg
お客さま1000名のうち、メインはもちろん小学生!
でも1~6年生のお子さまが670名強いらしたとは信じられないほどの静寂さで、強い集中力を感じました。

しかも、プログラムは休憩ナシの90分間!!
大人でも厳しいのに…ほんとうに驚きました。

さらに、こちらの小学校は男女共学なのです。
終了後に、グラウンドで嬉しそうに走り回っている子供たちに遭遇したら、
改めて「動きたい盛りの男の子たちもよくじっっっと聴いてくれたなあ」と感動…

コンサートの最後は生徒の皆さんの合唱とコラボレーションでした。

学校で朝礼のあとに歌ってらっしゃるという聖歌を父が編曲してくれたものですが、
器楽でのフレーズが終わって歌がはいってきたとき、その透明で力強い歌声に一瞬で鳥肌がたちました。

子供たちの声には、もの凄い力があるのですね!!
講堂中に響き渡る声を感じながら、いま日本中の心が疲れている方々に届けたいと思っていました。
IMG_1244km.jpg
お花をくださった1年生さんたち、もう可愛くて可愛くて…3人とも溶けています。
IMG_1246km.jpg
後ろは譜めくりをしてくださった音楽のI先生、ありがとうございました!
photokm.jpg
<楽しい!!>の一言に尽きた3人の「ドゥムキー」
またこのメンバーで弾ける時があると思います。

その時には、ぜひ皆さまにも聴いていただきたい!


さてさて、今日はひさびさのアクア・トリニティで浜松の楽器博物館でコンサートです。
昨日もリハでしたが、もちろん息もバッチリ!!

コンサート1曲目はヴィヴァルディの「秋」ですが、
そういえば今日から10月なのですよね~
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Sat,  01 2011 09:18
  • Comment: closed
  • Trackback: 0