クリスマスマーケットその1 シャルロッテンブルク宮殿

アドベントの3つめのロウソクに火が灯りました。
私の誕生日(笑)いえイブまであと10日あまりです!

おかげさまで風邪はほとんど治り…でも「あと一息」の咳がしつこい~
マーク愛用の「南天のど飴」もすでに切れたので、ポケットにはリコラを常備しています。

さてさて!
先日までフィンランドの音楽祭実行委員会チームの女性3人がベルリンに遊びにきており、観光にはおつきあいできなかったのですが、タイムリーなクリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)にご案内しました。

ベルリン市内あちこちで競うように開催されているクリスマスマーケット、旧西側で私がお薦めなのはシャルロッテンブルク宮殿(Schloss Charlottenburg)です。
IMG_1459bs.jpg
ここはお城のライトアップがけっこう凝っているし
IMG_1499bs.jpg
なにしろクリスマスオーナメントや飴細工といったお祭りの定番の夜店から
IMG_1487bs.jpg
長細く続いたテントの中にお洒落な小物屋さんにアンティークショップまで
IMG_1486bs.jpg
とお店の幅が広いのでショッピングも楽しめます。

キャンドルももはや芸術品↓(指は知らないオバサマの)
IMG_1475bs.jpg
こちらは彩りも香りも華やかなソープたち↓こうみえても無添加らしい。
IMG_1470bs.jpg

で、冷えたらとにかくグリューワイン(Glühwein)を!
IMG_1483bsg.jpg
スパイスの効いたホットワインでカラダのなかからぐっと暖まります。

ちなみにホットワインはちゃんとしたカップでサーブされます。
値段は1杯4~5ユーロくらいですが、飲んだあとにお店にカップを返すと2ユーロほど戻ってくるというファンドシステムなのです。

もちろん、お土産として持ってかえることもできます。
ドイツらしいエコですね~

巨大なクリスマスピラミッド(Weihnachtspyramide)
IMG_1488bs.jpg
我が家の可愛いサイズの何百倍です。

後ろがお城の入り口。
ちなみにウン十年前にベルリンに留学していた両親が住んでいたのはここの地区。。。
姉が生まれたところなのです。
IMG_1491bs.jpg
まさか祖父、両親(+姉)に加えて自分(と夫)までベルリンに住むことになろうとは…
人生不思議なものですね~~


と、これを書いている最中にマークが大学のレッスンから帰ってきて一言
『アレクサンダー広場のクリスマスマーケットでサンタが毒入りシュナップス(ドイツ風焼酎)を振る舞ったらしいよ』ですって?!

どうも数日前にあちらのマーケットでは、サンタの扮装をした40歳くらいの男性が『父親になったのでみなさん、祝って下さい!!』とシュナップスを配り、それを受け取って飲んだ人が腹痛を訴えて病院に担ぎ込まれたらしいのです。

幸いにも毒が弱く重傷にはいたらなかったそうですが。。。赦せ~~~~ん!!
これはもう天誅が下らねばなるまい事件です。

こんな天使が罪なき民衆を守ってくれますように…
IMG_1496bs.jpg
では、またお便りしますね!
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Wed,  14 2011 01:14
  • Comment: closed
  • Trackback: 0