旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2005-09-30 Fri 22:42
サンデー毎日の鎌倉取材
はい、昨日の疲れを吹き飛ばして今日は午後一番、鎌倉の瑞泉寺で撮影は始まりました。季節を問わず庭園が美しい瑞泉寺、数年前に奉納演奏させて頂いて素敵な御住職にも面識があります。
この秋にサンデー毎日での取材をして下さるY田嬢は、以前毎日新聞の取材後にちらりとご挨拶しただけな筈なのに、何故か『お久しぶり、元気だった??』という感覚。旧知の仲みたいな香り、不思議だなあ。
秋晴れだったし、庭の隅々までが生き生きと輝いている中の撮影…このブログで皆様にお目にかけたかったのにデジカメを忘れ、ここでは撮れなかった。残念…
山門までの階段が私は特に大好きなのです。又、今度お目にかけますね。
なにしろ気持ちの良い天気、お寺の裏の山の緑が鮮やかで、芙蓉の花のしとやかさや彼岸花の色に目と心を奪われ、木々の間に魔法の様にかかっている蜘蛛の巣に感心するという、のびやかな心持ちだったので、大の苦手の写真撮影だというのにいつになくリラックス。しかもお寺の猫が応援にかけつけてくれて、機嫌はすこぶるヨロシイのでありました。マダラ猫、サンキュー。また会おう!!
顔に出さない様に努め、かえって不安そうにみえるマネージャーK保氏が視界に入りながらも、カメラマンN岸さんの左目がカメラの隣でにっこりするので、私もつい、にっこり…本当に人柄が良いカメラ、ん?カメラの人柄じゃないのか、でもN岸さんの目がカメラ=カメラはN岸さんの目という感じで、私の苦手な<撮られてる感じ>がしませんでした。だって、ついこの前までレンズに魂が抜かれそうな気がしてたんだもん。(明治生まれ?)
自然の中では皆それぞれが気持ちを解して自由な気持ちになり、Y田嬢は撮影中にさり気ないインタビュー、素朴な疑問を口にされ、私は写真に写りながら普通に応えていきました。普通=構えず、という事ですね。

20051001144405.jpg
その後は、私の大好きなその場で作った和菓子をお出しになるお店<蕉雨庵ーしょううあん>に場所を移してじっくり取材。
20051001144423.jpg
20051001144443.jpg
N岸さんと私は「冷やし葛」、作り立ての葛で最高!!
20051001144509.jpg
こうなると先ずは頂きます!Y田嬢はあんみつ、私の攻撃により白玉を一コ失う。『白玉、極上っ!!』時々自分でも作るのですが、こんな食感にはならない!人生で出逢った白玉の中でも最高点かも知れぬ。
20051001144527.jpg
ごめんなさい、食べ物の話しは終わらねばね。これはマネージャーK保氏、注文の練り菓子。これも求肥っぽいので私に四分の一奪われました。いやあ、美味しかった!
初心に還って取材再開。
20051001155626.jpg
話す、聞く、引き出す、突っ込む、盛り上がる(Y田嬢、綺麗でしょ?時々ジャーナリストっぽく目がすうっと厳しくなる瞬間があるのですよ。ふふ)
sannde-22.jpg
撮る撮る撮る
20051001144548.jpg
はい、無事終了!楽しかったなあ。
次回は少年院での訪問コンサートの取材にいらして下さるそう。私の事を勉強してきて下さったY田嬢は『今回はハードルを凄く高く設定して来たのだけれど…』と呟いていました。ふふふ、私の周りに垣根ナシです。今の気分はバリアフリー。好きな事を言って、まとめるのが大変だったら悪いなあ…と思いつつ、今回は写真もお任せ、記事もお任せ、好きに料理してくれ!という気持ちでした。まあ内容は出てのお楽しみ。

おまけ:蕉雨庵の母上とお嬢様方。お店は鎌倉雪ノ下3-4-6国大付属小・中学校の校門斜め前で火、水曜日が定休、営業11:00~17:00
餡も葛も…素晴らしいクオリティーです!!!20051001144606.jpg

関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |