旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2012-08-13 Mon 23:18
森便り〜アンズ茸にブルーベリーの巻
例年の講習会がはじまって5日目となりました。
Image 4k
寒かった気温もなんとか上がってきて、今日は日向では18度!
講師も講習生も嬉しそうです。
夏とは思えないけれど「ポカポカ」していて幸せ〜

前回も書きましたが、ここに集まってきたピアノ&弦楽器の生徒たちは約40人、フィンランド、ドイツ、スイス、オランダ、スコットランド、スイス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、キューバ、トルコ、アゼルバイジャン、エジプト、シンガポール、日本…と実に国際色豊かです。

 もちろん共通語は「音楽」!!

生徒はソロのレッスンの他に各自2つの室内楽グループで弾くことになっているので、盛りだくさんです。

こちらは朝8:30出勤〜帰りは早くて19:30という毎日…

なにしろ島から町までは車で45分もかかるのです。
ボートなら湖を横切っていけるので15分なのに〜

というわけで連日通勤しているので、ほとんど家にいないのですが、
到着した翌朝にさっそく発見したキノコやベリーをお目にかけましょう!

こちらはアンズタケ(杏茸、学名:Cantharellus cibarius)ドイツ語ではPfifferlingeといいます。
Image 54k
キノコ好きなM夫に「朝食のオムレツにいれよう!」と言ったら瞬く間にたくさん発見してきました。
Image 45k
香りが飛んでしまうのでキノコを水で洗うのは原則的に厳禁!
だから専用ブラシで念入りに掃除します。

そしてどこにも穴がないかちゃんと確かめます。
傘でも柄でも、小さな小さな穴の跡があれば、それは虫さんが住んでいた証拠なので、すぐにサヨナラ〜
Image 47k
水で洗わないのは最初は抵抗があったけれど、なにしろフィンランドは湖の水が飲めるくらい、水も空気も綺麗な国、いまは慣れました。他の国なら絶対(!)にしないけれど。。。
Image 48k
こちらは目に良いブルーベリー!
Image 53kImage 56k
こちらも10分くらいでこんなに穫れました。
Image 58k
赤いのはリンゴンベリー、コケモモの一種で北欧では良く食されます。
こちらも美味なだけでなくポリフェノールを含む健康な食品としても人気です。

では、また!!
関連記事
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |