旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2012-09-30 Sun 21:49
リサイタル@ザ・フェニックスホールin大阪
強い台風17号が愛知に上陸したようですね。
鎌倉もいま風が吹き荒れています。
あちこちで被害がでないことを祈ります。。。


さて、昨日は朝日カルチャーで初「アンサンブルφ」での講座&演奏でした。
その前にお約束どおり、木曜日のリサイタルの様子など〜

滋賀県の翌日は大阪でリハ−サル。しっかり練習した後は美奈子さんとマネージャーNちゃんと串焼きを堪能いたしました。さすが「くいだおれの町」でリーズナブル、しかもレベル高し。

滞在したホテルがフェニックスホール近隣だったので、食事をしたのも北新地、言わずとしれた「銀座」と並ぶ夜の街、さっそく女3人、食後に散歩しました。

飲食店の他に目についたのは立ち並ぶ謎のドレス屋さん…これはまた銀座とかなり違う雰囲気。

ドレスや靴はショーウィンドーの前で「これは一体誰が?!」と唸るほど怪しげな店から、「本番で使えるかも?」と立ち止まるような可愛い店まで、いろいろ。
しかし、サンダルは15センチのヒールはあたりまえ。花魁も裸足で逃げ出す高さにクラクラです。

でも…美奈子さんとコンサート用のキラキラ・アクセサリーを買ってしまいました。
かな〜り光ります(笑)

そんな通りを行き交う女性は「いかにも夜の蝶」の和装やカクテルドレスのおねえさま方から全身ヒョウ柄の迫力マダム、さらには極彩色の服を召したおばあさんとか(!!)…北新地の登場人物はなかなか個性的なのでした。

そういえば「心中天網島」の遊女小春がいた「曽根崎新地」はここのことだったのですね。
そう思うとなんだか不思議。

そのような訳でその晩はゆっくりと休み、翌日はこちらへ。
Imagefenisep.jpg
リハ中!ここでのリサイタルはもう3度目、いつ伺っても素敵な場所です。
IMG_20120927194835.jpg
「歌の調べのように」から始まってストラヴィンスキーの「イタリア組曲」、グリーグの「ペール・ギュント組曲」と続いた前半。
10年ぶりくらいに弾いた「イタリア組曲」は20分弱あって、オーケストラのイメージでダイナミックな音を出したい箇所もたくさん…前半からけっこう体力を使うプログラム、いつもの如く(笑)
IMAG0589f.jpg
後半は没後150年のドビュッシーのソナタ
没後15年の黛敏郎「文楽」(大好きな文楽を久々に本場・大阪で弾けて幸せでした!)
そして没後20年のピアソラで熱く締めくくり。
IMAG0592f.jpg
これまた体力&気力をつかうプログラムでした。
しかし…考えたら体力&気力を使わない時なんてないものね。
でも、これに付き合ってくださる小柳美奈子さんには本当〜に「感謝」の一言です!

ホールが閉まってしまうので急いで主催者の大阪新音の方々と1枚。
もう何年のお付き合いになるでしょうか、関西でいろんなチャンスをくださっています。
IMG_20120928093957.jpg
そして大阪のお客さま、濃いプログラムに熱い拍手で応えてくださって本当に本当に嬉しく思います!!
たくさん並んでいただいたサイン会で「また来てください」と言っていただく度に、有難さを噛み締めていました。

皆様、ありがとうございました。
ーまたすぐ戻って来られるように頑張ります!!ー

では、次のブログはアンサンブルφの初演奏のことなど。。。
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |