雪のベルリンから初夏のカイロへ〜マスタークラス&コンサートの旅

「もう桜がさいてます!」というメッセージがたくさん。。。
いいな〜こちらは未だにこんな様子です。
Image 54bb
雪でフライトが遅れたりするなか、昨日はパリからヴァイオリニストの瀬川祥子嬢がやってきて4月24日のベートーヴェン・トリプルコンチェルトのリハをしていました。

といってももう1人のソリスト、ピアニストノト谷川かつらさんはNYなので、先ずは弓使いの合わせから。。。

祥ちゃんは桐朋の音楽教室からの先輩ですが、姉と同じ鷲見三郎門下だったのもあり、彼女がモスクワ、私がザルツに留学してからも行き来してずっと仲良くしている音楽面以外でも大切な長年の友人なのです。

トリプルコンチェルトは弾いていて本当に楽しい曲なのですが、突然に思いがけない落とし穴が現れる!
4月までにうんと磨いておかねば。。。

そうそうベートーヴェンの前日23日(もう1ヶ月後!)は鎌倉芸術館「ランチタイム・コンサート」があるのですが、鎌倉芸術館ブログにて『水谷川優子インタビュー』をアップしてくださっています。

「春の思いで」「私と鎌倉」などの質問にお答えしておりますので、宜しければぜひお読みください!

では今からカイロへ行ってまいります。雪のベルリンから初夏のカイロへ〜
Back.jpeg
室内楽のコンサートのポスターです。
Back2 Arabic
相変わらず手も脚もでない文字の文化に浸ってきます。
初のアゼルバイジャンも楽しみです。

こちらは先日のフライト、窓にへばりつくほど美しいロシアの大地でした。
なぜロシアなのかはまた〜(笑)
IMG_0479pp.jpg
今回はカイロからバクーに飛ぶのでトルコ航空を利用します。
トルコで乗り換え…いったいどんな旅になることやら〜

次回はオンタイムで珍道中ブログを!!(去年もできたからできるはず…)
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Sat,  23 2013 16:03
  • Comment: closed
  • Trackback: 0