バクー〜食べ物編〜

昨日またしても4時起きしてイスタンブール経由で午後にベルリンに戻りました。

さてさて色々と興味深い国アゼルバイジャンの首都バクーですが、毎日レッスンとリハにあけくれていたのでコンサートを終えた翌日の最終日は旧市街をガイド付きで散策〜やっと観光らしきことができました。
IMG_4863bakuu.jpg
オールドバクーのモスク前にて、ここのお祈りは歌のように美しい!思わずうっとりと聞き惚れてしまいます。

そして。。。バクーでの食生活の様子をお目にかけましょう〜

朝のブッフェにでるハチミツの板!
IMG_4573bkk.jpg
蜂蜜パイの「バクラヴァ」トルコでも有名ですね。
IMG_4683baku.jpg
カイロでも思いましたが、こちらもナッツ系が異様に美味しい!
この飾りのピスタチオも香りが高いのです。
IMG_4684baku.jpg
ホテル最上階のバーにて頼んだ「おつまみ盛り合わせ」春巻きのようなもの、鳥の串、茄子を揚げたリング、ミートボール、どれも日本人の口に合う味です!
IMG_4601bkk.jpg
そして、なぜか「モヒート」を飲む私。。。

ここの食事には歴史の面白さを感じます。
とくにパスタの原型には食生活がイタリアと中国へ旅したロマンに思いを馳せました。

そういえば「マントゥー」というお饅頭もありましたが、これは「ギュルザ」はい、そのまま餃子です。
IMG_4778bkk.jpg
このように丸いのはグルジア風のギュルザ、アゼルバイジャンのはまったく餃子の形なのです。

4人前のチキン料理、赤くても辛過ぎず、くどくない味です。
IMG_4777bkk.jpg
私が頼んだのは「ボルチ=ボルシチ」これがまた非常に美味でした。
もとはウクライナの伝統料理だそうですが、こうして近隣各国でも母の味としてあるのですね。
IMG_4774bk.jpg
ここはコンサートの後の打ち上げで生徒たちに連れていってもらったレストラン。
ちなみに、なんとこのスープは約2ユーロ!(100ユーロ=アゼルバイジャン通貨の約102マナト)
今日のレートだと日本円で260円くらい?すべての料理が上等でも500円以内という感じです。
IMG_4668bkk.jpg
アゼルバイジャンの紙幣↑

でも私たち(観光客)が普通に目にしたものの物価はヨーロッパとほとんど変わりませんでした。レストランのお値段もベルリンよりも上等だったし、やっぱり土地の方はあまり行かない場所だったのかしらん。

ところでホテルでの値段が治外法権(笑)なのは当たり前ですが、メニューをみて笑ってしまったのが、こちら↓
IMG_4669baku.jpg
レミーマルタン・ルイ13世の6Cl(!)のお値段が…円にしたら驚愕の60000円?!

さて↓は私たちのお気に入りとなったカスピ海に面したレストランの食事。
このラザニアみたいなのはパスタの先輩かしらん。子羊とあいます。
ここでもヨーグルト系のソースが必須です。
IMG_4664bkk.jpg
キャベツロールもふんわりとして美味〜
IMG_4663bkk.jpg
どこのお店でも香辛料、ハーブ類の種類が豊かですばらしいものでした。
IMG_4660bkk.jpg
赤紫蘇みたいなハーブは料理をさっぱりとさせます。

チーズを揚げたもの。よくカマンベールを揚げたのはあるけれど、この中味はもちろんこちらのチーズ、くせがなくて「くせになりそう」
IMG_4659bkk.jpg
ホカッチャ風のパン、フェラッフェル風のもの、クレープ的なもの、とパンの種類も豊かです。
IMG_4656bkk.jpg
グルジアワインも有名ですが、アゼルバイジャン産もなかなか!
IMG_4654baku.jpg
これはメルローですが、初日はシラー(Syrah)を飲みました。そういえばシラーはここの隣国イランのシラーズShīrāzからフランスのローヌに渡ったという説があります。ロマンだわ〜

こんなそんなで実に美味だった美味なバクー滞在…
お肉はジューシーだし、お野菜も新鮮だし、メンバー全員がこの一週間で太りました(笑)

はい、私は日本に帰る前に縮まなくっちゃ。。。
ベルリンでもリハがはじまります〜

では次回はコンサートのことなど!
IMG_4587bkk.jpg
<カスピ海を背にしながら。。。>
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Tue,  09 2013 18:46
  • Comment: closed
  • Trackback: 0