肥後コンサート2泊3日の旅の巻その1

行ってまいりました九州は肥後の地〜人生初熊本でした!

先ずは初日に訪問コンサートをさせていただいた熊本機能病院。
P1010298kkb.jpg
P1010306kkb.jpg
お優しい院長先生のお人柄が反映しているかのように明るく穏やかな雰囲気の病院です。
Image 7kmkmkt
老若男女の患者のみなさま、ご家族の方々が熱心に聴いてくださいました。
Image 5kmkt
皆さま、お世話になりました!
すでにここでも「暖かい肥後の人」との出逢いがあってわくわく感は高まるばかり〜

翌日は早起きして珍しく観光へ、どうしても熊本城の宇土櫓を見にいきたいとタクシーを飛ばしました。
加藤清正が熊本城を築城した当時から、西南戦争でも燃やされず、現在まで残っている唯一の櫓です。
Image 6kmkt
国指定重要文化財なのに中にはいれるなんて凄い!
当時の人々が触れた手すりをすりすりしてきました。ほんのちょっとの時間でしたが、おおいに満喫〜
次回はマークと一緒にゆっくり来たいと思います。

そしてコンサート会場へダッシュ。
Image 9kmk
細川佳代子さまにお招きいただいたコンサート、会場は市内の泰勝寺跡です。
P1010319km.jpg
「スペシャルオリンピックス熊本 創立20周年チャリティ〜更なる飛躍に向けて〜」ということで200人もの方が集まってくださいました。

ここは細川家私邸のお庭にある神社、なんとお社の上で演奏です。

しかも最初はお賽銭のおいてある場所で演奏を予定していたのですが、日差しが強くチェロに直射日光があたるということで、急遽一番上まであがって弾かせていただくことに…
P1010320kmt.jpg
背中から細川家代々の御霊につつかれる(!)のではないかとドキドキしましたが、そんな私の気も知らずにチェロ雄くんはお社の古い木と共鳴しなんともいえない円やかな響きに…

爽やかな風は吹くし、小鳥たちは鳴くしで私も気持ちよく演奏できました。
P1010322kmt.jpg
20年前にオーストリアで行われたスペシャルオリンピックス世界大会に日本代表として初参加した熊本チーム、現地に留学していた私は通訳のお手伝いをしたのですが、このたび当時小学生だった2人の選手たちがきてくださって再会〜元気そうにアスリートとして頑張っている彼らの姿にまたまた力づけられました!

諸外国に比べて障がいのある方への心のバリアフリーに一歩も二歩も遅れている日本…
その差を少しでも縮めるために細川佳代子氏は長年ずっと人々に語りかけ問いかけていらっしゃいます。

「本当のインクルージョンを目指す…それは誰のためでもない、自分のためです!」そう言い切る佳代子氏は有言実行の方、私もこのたびの2泊3日にいろいろなことに気付かされました。

なにはともあれ「20周年おめでとうございます!」
微力ながらこれからもいろいろな形で関わってお手伝いさせていただきたいと思います。


ということで、濃い2泊3日の旅はその2へ続きます〜
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Tue,  30 2013 00:43
  • Comment: closed
  • Trackback: 0